交通事故の慰謝料に納得がいかないなら

交通事故に遭った場合、よく言われるのがその場で示談をしたり、金銭的な約束事をしてはいけないということです。
交通事故は後遺症になるケースも多くありますし、慎重に賠償額を判定してもらう必要があります。
当事者同士ではなく、必ず専門家を交えて話し合うべきです。
もっとも、自分に過失がない事故の場合、ご自身が加入している自動車保険のスタッフは交渉することができません。
そのため、相手の自動車保険の交渉のプロと話し合わねばならなくなります。
これでは対等な話し合いは難しいですから、こちら側もプロの交渉人を立てる必要があるでしょう。
交通事故の慰謝料解決のプロといえば、丸の内ソレイユ法律事務所の弁護士です。
年間700件近くの相談に応じているうえ、費用も良心的なのが魅力です。
相談料は無料で、いざ交渉をお願いする場合や、訴訟に発展する場合でも、1ケースごとに一律21万円 賠償金の10%となっており、料金体系が明確なのも信頼がおけるのではないでしょうか。
費用の支払いには、ご自身の自動車保険に付加している弁護士費用特約も使えますから、付加の有無を確認しましょう。
東京駅からは徒歩4分、二重橋駅からはわずか徒歩30秒というアクセスの良さも便利です。
交通事故損害賠償の仕組み | 丸の内ソレイユ法律事務所