フランチャイズ問題に強い弁護士

世間では企業同士のM&Aなどによる買収合併や、企業の出店店舗名を借りた形で店舗を出すフランチャイズという出店の仕方が昨今ではかなりの増加傾向にあります。
フランチャイズとは例えばコンビニなんかが一番わかりやすく、経営権はオーナーにありますが、その売上金の一部分を大元へ支払いを行うという契約形態を言います。
メリットとしては勤務している形ではないにも関わらず大手の名称と旗を掲げることができ、経営上の知識や商品なども全て大元が提供、あるいは準備してくれるというものです。
ですが少し落とし穴もあります。
よく問題となるのが経営上の契約違反というもので、例えば売上予測違反というものなどがよく問題として起きやすいといわれています。
これはフランチャイズ本部側がこの場所で出店すればこれだけ売上が上がるから儲かるよという話を持ちかけるのですが、実際に開業してみたら程遠い売上にしかならずに経営者側の資金面での首を絞めることがあり、それに対しての損害賠償請求の事案です。
意外に知られていない豆知識や、相談料無料の弁護士さん、例えば弁護士の南 敦さんが開設している弁護士事務所などではことこまかに相談に乗ってくれるので、問題にお困りであるなら知っておいて損はないと思います。http://minami-fc.jp/