急に現金が必要になった場合に手形割引による貸付を利用する

事業の売上決済の一つに商業手形を受け取る方法があります。
株式会社日本保証では、この商業手形に対して「手形割引」による事業性資金の貸付を行っています。
銀行取引がなく融資の実績がない創業したばかりの会社などは、売上の代価として手形を受け取ると、手形の満期日まで現金を手に入れることができません。
急に現金が必要になった際に利用される手形の割引も、銀行取引がなければ利用することができないのです。
このような場合に、日本保証の手形割引による貸付は、安心して利用できるサービスになります。
保証人や担保が原則不要な上、手形を割り引きたい相談者の書類審査が通れば、手形の振出人もしくは引受人の返済については考慮することなく、即、日本保証から現金を受領することができるのです。
また、事業主の方であれば会社がどこの所在地であっても、対応頂く事が可能です。
割引日数の長短や手形の銘柄によって割引率が変わったり、万が一手形の振出人や引受人の決済に遅延が発生した場合には、ペナルティも発生しますが、金融機関との取引において手形割引が利用できない環境の場合、日本保証のサービスを検討してみる価値は十分あると思います。合わせて読みたい情報:CLICK HERE